オンラインショップはこちら

りんご便り

暖かい日差しが感じられる日が増えてきました。

りんご村では、少しずつ花が咲き始めています。

りんご村での一番開花は「あんず」

IMG_7182.JPG

少し散り始めてきましたが、まだまだ綺麗に咲いています。

次の開花は「ソルダムプラム」

IMG_7184.JPG

まとまって咲く白い花が可憐で可愛らしい花です。
花の香りがとーっても良い匂いなのも、ソルダムプラムの花の特徴。

少しずつ蕾が咲き始めたのが「桃」

IMG_7183.JPG

まだ蕾がほとんどではありますが、ピンクの蕾が膨らみ、かわいい花が咲き始めました。

りんご畑では、りんごの花も膨らみ始めました。
満開になるのは、ゴールデンウイーク頃でしょうか。

今年も楽しみです。
4月から、「定休日:水・木」の通常営業に戻ります。

お休みの日:4/4,5,11,12,18,19,25,26

GWは、営業日:4/28,29,30,5/3,4,5,6 お休み:5/1,2

ご確認の上、お越しくださいませ。
ここのところ、りんご畑にはあまり姿を現さないのですが、珍しく剪定作業をしておりました。

IMG_8524.JPG

まだまだ、衰え知らず?というところでしょうか。

さて、りんご村では、ちゃくちゃくと剪定作業が進んでいます。
この一年、いや、りんごの五年も十年も先を作る...とも言われる作業です。

今年は、とても暖かく、花が咲くのが早そうです。
作業も早め早めを心がけながら、進めています!

剪定する前の畑。
IMG_8541.JPG

剪定した後の畑。
IMG_8537.JPG

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
一昨年に信州デザインコンペの課題になり、グランプリをとった「ほしりんご」。
ようやく商品化いたしました!!

デザインコンペの記事はこちら

image_01.jpg

オリジナルの星形トレイに入った「ほしりんご」です。
種類も特徴的な外国原産品種のみ。

Jonathan_02.jpg

アメリカ原産ジョナサン(通称:紅玉)

GrannySmith_02.jpg

オーストラリア原産グラニースミス

BelledeBoskoope_02.jpg

オランダ原産ベル・ド・ボスクープ

このトレイ、実はまだまだ秘密があります。
「りんご小話」なるものが書かれているのです。
複数種類ありますので、どれが読めるか、お楽しみ!

image_05.jpg

オンラインショップからもご注文可能です。
こちらからどうぞ。


それは、りんごの並木道からはじまりました。

201709303.jpg

さて、何故、英国りんご?と思われる方もいらっしゃるかとおもいますが、それは約30年前に遡ります。

当時、英国の王立公園が数十種類のりんごを町に寄贈したのがもととなっております。
アップルミュージアムへと続くそのりんごの並木は長い間、鑑賞用として親しまれてきましたが、近年そのブランド価値が見直されその並木から穂木を取り、町中に英国りんごが浸透しつつあります。

実はCafe傳之丞の店主:亜樹、この並木道とご縁がございます。
30年前、このりんごの植樹のお手伝いを任命された学年になるのです。
当時、保育園生だった私達と共に年を重ねたりんごの木からお菓子を作るとは、なんと不思議な巡り合わせでしょうか。

Cafe傳之丞では、只今、英国りんごを使用したアップルパイを提供しております。

201709302.jpg

(写真左から)
『メイポールのクラフティ』
・メイポール使用
花粉用のりんご 、メイポールを卵液に入れて焼き込んでおります。果肉まで赤いこのりんごのタルトは華やかでとてもキュート。
味の効いたメイポールと濃厚な卵液のコントラストをお楽しみ下さい。

『ブラムリーのアップルパイ』
・ブラムリーズシードリング、タイデマンズアーリーウースター使用
芳香な香りがするタイデマンズをベースにし、ブラムリーと自家製プルーンを入れて焼き込んでおります。
りんごの本来の甘みとブラムリーの爽やかな酸味が感じられる一品です。

『スパイスアップルパイ』
・タイデマンズアーリーウースター、つがる使用
傳之丞定番となりつつあるこのアップルパイ。シナモンをメインにいくつかのスパイスをブレンドして入れております。
とにかく、くせになる病みつきアップルパイです。

英国りんごの味を傳之丞でお楽しみくださいませ!

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆