オンラインショップはこちら

農園マップ

絵里(えり)代表

好きなりんごの品種:秋映

生まれは新潟県新潟市。海のすぐ側で育ちました。もともと実家は農家ではなく、大学も工学部の理系女子。大学院まで進学し、東京のIT企業でSEとして働いていました。その後仕事を辞め、1年間、フランス各地のBIO農家でハーブ関係の仕事をしながら旅をしていました。
帰国後、一樹と結婚。山下家の一員になり、「農業という職業」を選択しました。お客様の窓口や出荷を主に担当しています。これからもお客様に近い視線を大切にしながら、食べると自然と笑顔になるようなフルーツをお届けしたいと思っております。

ブログ りんご便り

一樹(かずき)生産担当

好きなりんごの品種:シナノピッコロ

山下家の長男坊。もともと農業を継ぐつもりはなく、というよりも絶対にやりたくなくて工学部の大学院まで進学しましたが、やがて観念(?)して就農を決意しました。学校卒業後は、2年ほど修行ということで取引先の企業や全国の産地を渡り歩いていました。そして、いよいよ実家に戻って就農5年目。 私自身はこれからも生産担当として栽培に専念しますが、さらに安全でおいしいフルーツを皆さんにお届けできるよう、常に挑戦と努力を続けていきたいと思います。

亜樹(あき)Cafe Dennojoe(CAFE 傳之丞)担当

好きなりんごの品種:グラニースミス

ほのぼのマイペースな山下家の長女。大学卒業後、製菓・パンの勉強をしながら九州を渡り歩いていました。もっとりんごのことをお客様に知ってもらえるような仕事をしていきたいと考える中で、使われていなかった母屋の一角に喫茶店をオープンしようと思い、りんご村に帰ってきました。
お客様にも、ほのぼのと過ごしてもらえるような空間を提供できるように頑張っていきたいと思っております。

CAFE 傳之丞

和子(かずこ)へんぺさんち・体験事業担当

好きなりんごの品種:ふじ

生まれも育ちも、勲夫と同じここ旧三水村です。結婚をするまでは教師をしていました。
結婚後は、4人の子ども達を含めた8人家族で、生活も仕事も一緒という環境の中、大勢の人たちに助けられてやってこれたと思います。これからはおせっかいな、口うるさいおばさん応援団長として、みなさんに少しだけお返しをしていきたいと思います。

勲夫(いさお)相談役

好きなりんごの品種:印度、王林

1948年生まれ。高校卒業後、すぐに就農。2年後に農水省が創設した農業者大学校に3期生として入学しました。 そこでの出会いや学びが、後の農業経営の基盤を作ったと思っています。結婚後は一男三女に恵まれて、一生懸命に働いてきました。還暦を過ぎて、後継ぎも決まり、ホッとしている今日この頃です。